01. 6月 2016 · 奇跡を起こすふれあい言葉 ① はコメントを受け付けていません。 · Categories: POST

自分の思いを言葉にするのが下手なので、セラピールームMissing Pieceが大切にしている何かを、絵本作家の葉祥明さんの詩から感じて頂けたらと思います。

 
 
『ふれあいは奇跡をもたらす』

 
「ふれること」、「ふれあうこと」は、

人と人とのコミュニケーションの

最も基本的な行為です。

手と手、身体と身体がふれる時、

人は、その温かさや柔らかさに、

心地よさと安心感を覚えます。

「ふれること」、「ふれあうこと」、それは、

いのちと愛の交流に他なりません。

本来、人も動物も、愛するものにふれたい、

ふれられることで

愛されていると感じたい、と願うもの。

しかし、現代社会では、

そんな生物としての根元的な欲求が

満たされにくくなっています。

私たちは、あまりにも、

互いによそよそしくなってしまいました。

病気の苦しみ、身体の痛み、

愛されないことの悲しみ、

孤立無援でいることの心許なさも、

誰かにふれること、ふれられることで、

必ずや癒されるでしょう。

人は、ふれることで

奇跡さえ起こすことができるのです。

 
葉 祥明
 
 

Comments closed.